グローバルヘルスケアクリニック院長 水野泰孝氏監修!オフライン型採用イベントの感染症対策を強化します。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

グローバルヘルスケアクリニック院長 水野泰孝氏監修!オフライン型採用イベントの感染症対策を強化します。


「入社3年後のミスマッチをなくす」を企業理念として掲げる株式会社リアライブ(本社:東京都港区 代表取締役 柳田 将司)は、「ジョブトラ」などのマッチングイベントをグローバルヘルスケアクリニック院長の水野泰孝氏にご監修いただくことになりました。

コロナ対策変更点 (1)

水野先生の監修のもと、当社のオフラインのマッチングイベントに安心してご参加いただけるように、社内外の健康確保を考慮した新型コロナウイルス感染症の予防対策をさらに強化してまいります。

感染症予防施策の詳細は以下をご覧くださいませ。

①フェイスシールドの廃止。不織布マスクの配布・着用の必須化
飛沫対策に効果的な不織布マスクの着用を促進。着用されていない方には当社より配布します。フェイスシールドの着用は不織布マスクの着用を徹底することで不要となります。

②手指消毒の促進。ビニール手袋の廃止
粘膜からのウイルスの侵入を防ぐため、付着しやすい手指の消毒を促進。ビニール手袋は当イベントにおいて不向きな感染症対策であるため廃止となります。

③会場レイアウトの変更
等間隔のレイアウトを廃止。また、定期的に換気を行うことで空気の流れをつくります。

④十分な換気に加え、サーキュレーターによる定期的な空気循環を実施
窓開けができない空間にサーキュレーターを設置。会場全体の空気が循環できる状態をつくります。

⑤CO2検査機を導入し、会場内のCO2量を計測
会場内に二酸化炭素濃度計を設置。会場全体が正しく換気されているかを定量的に測り、会場全体の二酸化炭素濃度を1,000PPM以内に維持していきます。

◆参考情報
『「やっている感の感染対策」では「真の感染対策」にはなっていないことがあるが未だにアップデートされていない』

◆本件に関するお問い合わせ
<お電話>
03 – 5797- 7104(東京本社)
営業時間 平日9:00~18:00(土日・祝日を除く)

お問い合わせフォームはこちら


スキありがとうございます!!!
採用活動と就職活動を支援するリアライブの公式noteです。リアライブの事業・サービス、人・社風など大切にしている考え方について幅広く発信していきます。姉妹アカウント ▸ 20代特化の転職支援サービス「ジョブトラ20s」https://note.com/jobtry20s