当たり前が当たり前ではないと感じた繁忙期。お客様への想いと届けたい価値とは
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

当たり前が当たり前ではないと感じた繁忙期。お客様への想いと届けたい価値とは

2021年4月。リアライブは10期目を迎え、4月1日の全社総会では9期の表彰式も行われました。9期は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、激動の1年間でした。大変な状況の中でも日々の業務はもちろん、お客様である企業と学生に真摯に向き合い、大きな成果を収めた表彰者の方々をご紹介していきます。

9期はどんな想いで業務に取り組んできたのか。
9期4Q MVP柳さんに表彰式では語り尽くせなかった真相を聞いてきました。

まずは、柳さんの日々の業務内容を教えてください。

営業職として企業の新卒採用支援の営業をしています。
新規開拓の営業をメインに、既存顧客の採用フォローと採用イベントの運営も行っています。

9期4Q(下半期)は何を意識して業務に臨んでいましたか?

時期的に営業よりも納品シーズンとなるので、既存顧客の採用フォローとイベント運営を通じて、参加される企業と学生に「価値」を提供することを大事にしてきました。

「価値」とは具体的に何でしょうか?

リアライブの行動指針(Respect+1Commitment)を体現していくこと。これに尽きますね。

▷Respect

年明け以降は主にイベント運営(納品)に数多く携わってきました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の問題もありました。このようなご時世にも関わらず、対面型のイベントには多くの企業と学生にご参加していただきました。対面型のイベントは毎年開催していますが、それが当たり前ではないのだと気づかされました。弊社としても対面型のイベント運営に際し、感染症対策は講じてはいます。とはいえ、感染するリスクがゼロではない中で、わざわざ時間と交通費をかけてご参加いただいているので感謝の気持ちを大事にしていました。

実際に、オンラインのセミナー・イベントや選考が増える中で、「オフラインイベントがなくなると困ります…!」というお客様からの声も多かったです。リアライブにとっては300開催のうちの1開催ですが、参加される企業と学生にとっては1/1開催かもしれない。そして、「条件が全く同じ開催」ではありません。参加する企業も学生も異なります。「リアライブならではの価値提供をしなければならない」という責任感と1開催の重みを感じながら、運営してきました。

▷+1

Respectのスタンスを持ちながら、自分の色を出すことを意識しました。
私は、イベント運営のコアキャストとして参加企業とコミュニケーションを取る機会が多かったので、「対話」を通じて参加企業がパフォーマンスを最大限発揮できる空気づくり盛り上げを意識しました。

私が担当していない企業から採用イベントに関するアドバイスを求められた際には、私なりの見解をお伝えしました。それを人事の方が実行したところ成果につながったことがあります。「柳さんのおかげです!ありがとうございます!」とお褒めの言葉をいただいた際は、素直に嬉しかったですね。

イベント運営キャストの顔として、リアライブの顔としての当事者意識を持ちながら、お客様の期待に応えることができたと思っています。

余談ですが、イベント運営に関わるメンバーをスタッフから「キャスト」という呼び名に変えたのも私です。もともとディズニーが好きで、ディズニーリゾートで働いていらっしゃるキャストさんのような振る舞いを心掛けていきたいと思ったのがきっかけです。リアライブならではのサービスづくり、イベントの空気づくりを運営に関わる全員で意識していきたいと思っていました。

▷Commitment

Respect、+1で掲げたことを毎イベントで最大限実行し、価値提供していくことです。

営業と納品に関わる中で、大変だったことや苦労したことはありますか?

「自分らしさを大事に…」と口で言うのは簡単ですが、実行するのは難しかったです。そもそも「自分らしさや介在価値って何だろう?」と。「自分が行っていることって、自分でなくてもできるのでは?」と自信のなくす瞬間がありました。

入社当初から2年間は自分らしさを出せず、むしろ出していいかも分からず…。それにより、自信をなくすという負のスパイラルに陥っていたような気がします。

しかし、ある日のイベント運営で参加企業からご指摘をいただいたことが転機になりました。弊社イベントに初めて参加される企業から「イベント開始前のイベント概要が説明不足だ」とフィードバックをいただきました。
この経験から、自分の強みである「対話すること」を強く意識するようになりました。私があれこれ考えるよりも現場にいる参加企業・学生の声に耳を傾けないと、絶対に分からないものがあると。イベント運営で企業様からヒアリングした情報や自分が現場で感じたことを担当の営業マンに共有することで、社内からも「ありがとう!」の言葉をもらえるようになりました。

この経験から、もっと自分の強みを出していくべきだと思いましたし、むしろそのような行動が求められているんだと気づかされました。そこから、上記のRespect、+1、Commitmentをより強く意識し、行動していくようになりました。

10期の意気込みや目標を教えてください。

「感謝」「恩返し」をテーマに活動していきます。
営業としての目標達成はもちろんですが、より一層自分の色を出しながら企業へ価値提供することを大事にしていきます。

これまで思うように結果が出なくても社内の仲間から声をかけてもらったり、時にはいじってもらったり(笑)。苦しい期間が長かったので、先日の総会で表彰されたときには嬉しかったです。そのときに気づいたことは、自分の喜び以上に自分の表彰を喜んでくれていた仲間が多かったということです。特に、事業部長の杉内さんから表彰状を受け取り、握手をしたときは泣きそうになりましたね。

画像1

社内のみなさんに何か伝えたいことなどありますか?

2年間思うように成果を出せませんでしたが、それでも面倒を見ていただいたり、良くしていただいたりしたので少しでも成果で恩返しをしていきます。10期も引き続き、よろしくお願いいたします!

スキありがとうございます!!!
採用活動と就職活動を支援するリアライブの公式noteです。リアライブの事業・サービス、人・社風など大切にしている考え方について幅広く発信していきます。姉妹アカウント ▸ 20代特化の転職支援サービス「ジョブトラ20s」https://note.com/jobtry20s