「ジョブトラアカデミー」を就活のインフラに。三位一体となって駆け抜けた1年間
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「ジョブトラアカデミー」を就活のインフラに。三位一体となって駆け抜けた1年間

2021年4月。リアライブは10期目を迎え、4月1日の全社総会では9期の表彰式も行われました。9期は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、激動の1年間でした。大変な状況の中でも日々の業務はもちろん、お客様である企業と学生に真摯に向き合い、大きな成果を収めた表彰者の方々をご紹介していきます。

9期はどんな想いで業務に取り組んできたのか。
9期年間 MVT(Most Valuable Team)の事業推進室 堤さん内藤さん渡辺さんに表彰式では語り尽くせなかった真相を聞いてきました。

まずは、みなさんの日々の業務内容を教えてください!

堤:
販促予算と各種イベント(主にオフラインイベント)の集客数の管理を行っています。販管費やイベントの参加学生人数など、常に数字と向き合いつつ、営業部門や内藤・渡辺と随時コミュニケーションを取りながら、ジョブトラアカデミーを運営しています。

内藤:
私たちが展開するサービス「ジョブトラアカデミー」の認知向上へ向けたあらゆる取り組みや、オンラインセミナー企画を行っています。就活市場のリサーチをしながら、1人でも多くの学生がジョブトラアカデミーのサービスを利用していただけるような仕掛け作りをしています。

渡辺:
一昨年度に堤さん、内藤さんが行っていた業務の一部を引継ぎ、主にオペレーション周りの業務を行っています。昨年度、1年目で事業推進室に配属されたので、引継業務に加えて、SNS運用・アルバイトのマネジメント・コラム記事の編集・webデザインの構築など多岐に渡って、任せていただいています。

▽インタビュアーからの補足
年間400開催のセミナー・イベントをエンジニアの米本さん、堤さん、内藤さん、渡辺さんの4名で企画、集客しています。各人の役割を明確化し、高い専門性を磨きながら、ジョブトラアカデミーを支えてくださっています!

9期のみなさんの目標は何でしたか?

内藤:
予想だにしないCOVID-19による自粛ムード、就活の在り方も大きく変化が求められる時代だからこそ、逆に「攻める」チャンスだと思っていました。ユーザー動向を追いかけ続け、新しいニーズや機会を拾い上げては、サービス企画概要を作って、世の中に出すことにこだわってきました。営業部門と密に連携をしながら、短いスパンでPDCAサイクルをぐるぐるとにかく早く回し続けてきました。短期間でイチから新しいものを作ることが出来たのは、スピード感とチーム連携を重視するリアライブの社風があったからこそだと思っています。

堤:

内藤と同じく、9期を迎えた途端にCOVID-19が流行しました。当社は主軸である小規模のオフラインイベントが実施できるか当初は不安でした。しかし、実施を決断したからこそ集客数を安定させること。売上見込みが立てづらい状況でしたので、いかに利益を生み出すかを大事にしていました。ジョブトラアカデミーを支えてくださっているパートナー企業様との交渉や、早期から会員学生をどのように増やしていくのかを考えていました。

渡辺:

正直なお話、上司である堤さん・内藤さんの2人に迷惑をかけないように、早く追いつけるようにと自分の業務で精一杯でした。その中で、SNSの運用はインターン生のマネジメントを任せていただいたので、SNSの効果を可視化させることと実績をつくることを第一にしていました。やることすべてが新しいことづくしの1年でした。

そのために意識したこと、工夫したことは何ですか?

渡辺:
インターン生とは、サークルの先輩のように接してきました。過保護でもなく、放任でもなく適度な距離感を保ちながら、彼らを信じて任せてきました。成果が芳しくないときは、当社の体制や仕組みを整えることで彼らのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境を作ってきました。また、学生に一番近いポジションにいるので、個人で獲得したアポイントや面談を営業メンバーにパスしてきました。

内藤:

ユーザー学生、スポンサー企業様にはどんなニーズがあり、どんなサービス提供をすればリアライブらしい価値を提供できるのかを徹底的に知るようにしてきました。新しい施策を進めるためには1人のチカラでは限界がありますが、チームメンバーはじめ他部署からのサポート、スポンサー企業様のお力添えがあってこそ実現できました。

また、自社サービスの品質や満足度を守るため、集客の安定性確実性を担保することへ命を燃やしていたと思います。特にオフラインイベントは会場まで足を運んでいただく必要がありますので、今だからこそオフラインで就活をする意味・参加する価値をしっかり届けられるように努めてきました。

堤:

3人それぞれ強みと弱みが異なるので、強みが活かせる業務に特化し、弱みは全員でフォローし合ってきました。それによって、個々のパフォーマンスが最大限発揮できる状態を維持し続けてきました。その上で、安定集客と利益創出にコミットしていきながら、学生の就活の視野を広げられるオンライン・地方イベントの企画をしてきました。オンライン就活が当たり前の1年でしたが、オンラインだけではカバーできないこともあると考えていました。オンラインとオフラインをうまく融合させながら、サービス提供をしてきました。

一方で、苦労したことや大変なことはありますか?

堤:
8期までの実績やデータが全く役に立たず、学生動向や集客数の予測が立てづらかったです。例年以上にリアルイベントへの期待していただいたご出展いただくクライアント様への事前共有のため営業メンバーはもちろん、万全なコロナ対策を実施するためイベント運営チームのためにも予測データが求められていたため、目の前にある情報の中から予測を続けてきました。

特にジョブトラをはじめとするオフラインイベントは、50名を下回りすぎても上回りすぎてもダメで、50名前後を守り続ける必要がありました。これまでの経験を総動員して、予測のできないことに向き合ってきました。

内藤:
当初は何をやるにしても全然一筋縄ではいきませんでした。自分の要件定義のツメの甘さによって、施策が大きく空振りしたり、頓挫した企画があったりと…苦い経験もたくさんありました。

特に、企画を進めるにもステークホルダーが多いので、各所と連携しながら新しいサービスを作っていくのは結構大変で。その中でも、クリエイティブ後の根気強さ、戦々恐々としないこと、大きくも小さくも構わないから足を止めないこと‥ここは信念として持ち続けていました。それが成功でも失敗だったとしても、次の打ち手を考え続けて実行に移し続けられたのは、チームメンバーがいたからこそできたと思っています。

渡辺:
できないことをできるように…自分のキャパシティを広げるのが大変でした。特にSNSの運用は何を基準に、どのように運用したらいいのか分かりませんでしたので、最初は行動量を重視して、徐々に質も上げていくようにしてきました。

▽インタビュアーからの補足
この施策を行えば、ジョブトラは必ず50名集客できるという確証はないものの、営業メンバーは50名集客を求めている。50名集客する意味を一番考えた1年だったと、みなさん口を揃えて仰っていました。50名を下回るとサービス価値を提供できない。一方で、上回ると「このご時世で…」とご指摘される可能性がある。50名を集客し続けるのは並大抵のことではないと感じました。

10期の目標や意気込みを教えてください!

内藤:
3人の役割は変わらず、ジョブトラアカデミーの発展に貢献していきます。今までは、「リアライブといえばジョブトラ」というイメージが強かったですが、「リアライブといえばジョブトラアカデミー」というブランドを作っていきたいです。ユーザーのみなさんにとって、ジョブトラアカデミーという「学校」に通っていただければ、働くことに対して心が躍る体験をたくさん提供していきたいです。

堤:
自前集客率の向上収益貢献。9期で行ってきた施策の良いところは,より強みに変えていきます。まだまだ課題も多いのですが、一つずつクリアにしていき、安定集客の土台をより盤石なものにしていきます。

渡辺:
SNS運用の基礎が出来上がりつつあるので、それをカタチにして社内に貢献していき、SNS運用の功績で表彰されるように頑張ります。

社内のみなさんに伝えたいことはありますか?

渡辺:
堤さん、内藤さんに追いつけるように、もっともっと成長していきます。また、私はSNSやイベント運営で学生と近い距離で、彼らのリアルな声が聞ける立場にいるので、営業のみなさんにリアルな学生の声、情報、データを届けていきます。

内藤:
堤さんの数字に対する強い意識や仕事へのスタンス、乃愛さんの学生に対する熱い想いがあるからこそ、私たちは安心して、攻めのクリエイティブができます。そのスタンス、内なる思いをもっとみなさんに知っていただきたいです。そして、みんなでお客様を大事に出来る会社であり続けたいですね!

堤:
自分1人で出来ることにはどうしても限界があります。その中で、内藤・渡辺の2人の存在に自分もすごく支えられているし、「チームっていいな」と思った1年間でした。自分1人で何でもかんでもやろうとせず、お互いに助け合いながらジョブトラアカデミーのブランドを大きくしていきましょう。

同じ目標に向かって走っていける心強い2人に支えられて感謝しています。イベントは営業と運営のみなさんがいることで成立するサービスです。各部署、一体となって、お客様にリアライブならではの価値を届けていきましょう。

スキありがとうございます!!!
採用活動と就職活動を支援するリアライブの公式noteです。リアライブの事業・サービス、人・社風など大切にしている考え方について幅広く発信していきます。姉妹アカウント ▸ 20代特化の転職支援サービス「ジョブトラ20s」https://note.com/jobtry20s