学生はなぜ内定辞退するのか【ジョブトラ】
見出し画像

学生はなぜ内定辞退するのか【ジョブトラ】

リアライブ公式note

こんにちは!

リアライブの上田です😺

最近は日に日にコロナの感染者数も減り

終息も見えてきたかな?という感じがして嬉しいですね。

早くマスクを取った今までの日常に戻りたいです😢

さて、今回は「学生はなぜ内定辞退するのか」についてです。

①内定辞退が増えている背景
①ー1.学生はなぜ内定辞退をするのか
①ー2.内定辞退の理由
②ー1.学生の知りたい情報を提供する
参考.学生アンケート結果
②今すぐできる解決方法
③まとめ

この流れで進めていきたいと思います。


①内定辞退が増えている背景

コロナの影響もあり

「オンライン選考」が主流になった昨今の採用市場において

・内定者をグリップできない
・会社のことが伝わりにくい
・企業・内定者同士の関係が育たない

等々の課題を抱えている企業様のお声をよく耳にします。
そこで今回、内定者をグリップする方法をまとめました。
皆様の参考になれば幸いです!

①ー1.学生はなぜ内定辞退をするのか


内定者が陥りがちな「3つの不安」
①内定を取得したものの会社・仕事内容などがよく分からず不安
②入社後、一人前になれるのか分からず不安
③どんな仲間・内定者・先輩社員と働くのか分からず不安

多かれ少なかれ、新たな環境に対して色々と不安を感じてしまうのは当たり前のことだと思います。

①③に関しては選考の段階において自身で追及すべき点だとは思いますが
そこが曖昧なまま解決できないと不安は大きくなるばかりだと思います。

①ー2.内定辞退の理由

内定辞退の理由を時期分けて考えてみました。

内定式前の辞退
・入社予定の会社を調べて会社のリアルを知った
・内定後に他社の内定が出た
・複数内定をいただいた企業から行きたい企業を吟味
・会社・仕事内容の不理解

~12月の辞退
・公務員になる夢を捨てきれず
・求人情報や面接時の内容と実際の情報に乖離
・内定後のフォローにおける不信感
・社員や同期と雰囲気が合わない
・内定者アルバイトで仕事内容や社風にギャップ

~3月の辞退
・親の反対
・希望の勤務地・配属先ではない
・この時期まで断るタイミングを掴めず、決断を先延ばし留年

こう見ると様々な理由がありますね。
タイミングが掴めずに先延ばしにしてしますのは企業側にも迷惑ですし
自分自身も留年することとなり大きなリスクがあります。


【参考】21卒就活生のうち4人に1人は2社以上の内定を承諾する

画像1


【参考】複数の企業に内定承諾する理由

画像2


【参考】内定を複数承諾する就活生の最終決定時期は内定式後

画像3


【参考】内定を複数承諾する就活生の最終決定時期は内定式後

画像4


【参考】意思決定を促す情報源は「内定者同士の情報」や「現場社員・先輩からの情報」が有力

画像5


②今すぐできる解決方法
②ー1 学生の知りたい情報を確実に提供する

画像6


入社前にポジティブな情報だけでなく、ネガティブな情報も含めて、
具体的な仕事内容や職場環境、社風などをありのままに伝え、納得して応した人を選考するという採用理論。
ポイントは、採用の初期段階でネガティブな情報も含めて紹介することです。

②‐2 内定出しを印象的に行う

「ここで働きたい!」と再度感じてもらうことがポイント!
・内定式で自作の歓迎ムービーを流す
・入社後に使用する物を内定のお祝いとしてプレゼントする
・内定式に社員も参加する

②‐3 定期的にコミュニケーションをとる

入社までの期間にモチベーションが下がったり、仕事に対する不安や心配事をフォロー

懇親会ランチ会を開催する
→遠方に住む内定者にはかえって負担になるので、スケジュールを鑑みて2か月に1回くらいがベストです
役員や社員に会わせる
→自分が会社で働くビジョンを明確化
内定者同士の絆を深められるツールを用意する
→内定者専用サイトやSNSを利用

③まとめ

今回は学生アンケートで学生の動向を知ることを中心にまとめました。
いかがだったでしょうか?


小規模マッチングイベント『ジョブトラ』のサービス詳細はこちら

https://realive.co.jp/service/job-tryout/

この記事が参加している募集

就活について語りたい

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
最高です!!!
リアライブ公式note
採用活動と就職活動を支援するリアライブの公式noteです。リアライブの事業・サービス、人・社風など大切にしている考え方について幅広く発信していきます。姉妹アカウント ▸ 20代特化の転職支援サービス「ジョブトラ20s」https://note.com/jobtry20s